スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地に満ちる星



先日の更新報告で、今年の更新は終わり……なんて書きましたが、やっぱりクリスマスに何もないのは淋しいよね、ってことで、短いですが泰明×あかねのSSSを書きました。現代ED背景の泰明のモノローグです。

続きを開いてお読み下さい。





地に満ちる星

神子、この光に満ちた夜が
「くりすます」というものなのか。

空は夜闇に閉ざされているのに、
街は数多の光に彩られている。

天上に燦めく星々が
この地に降りてきたかのようだ。

……どうした神子?
そのように私の顔を見上げて。

この光を、この夜を、
私が好ましく思うかと案じているのか?

問題ない。

この世界で迎える「くりすます」が
よき思い出となるようにと
神子は私をここに連れてきてくれたのだろう?

これは私が初めて知る聖らかな夜……
眩い輝きが人々を寿ぐ夜だ。

私はこれを美しいと思う。
私の心が、これを好ましいと感じている。

神子がいなければ、
知ることのできなかった感情だ。

風はとても冷たいのに、
私の胸はあたたかなもので満たされている。

ありがとう、神子。
全てはお前がもたらしてくれたものだ。

ん? 頬が赤い。
寒いか、神子?

そんなに激しく頭を振ると……
ああ……やはり後れ毛が頬にかかってしまった。

私が直してもいいか。

いや、礼は要らない。
神子に触れたいと……なぜか強く思ったからだ。

……神子!?
そのようにうつむかずに
顔を上げてほしい。

真っ赤になった顔が…恥ずかしい?
なぜ恥じらう?
お前ほど愛らしく美しい存在はないというのに?

言い過ぎなどではない。
本当のことだ。
問題ない。

神子、寒くないならば
もう少し歩こう。

こうしてお前と腕を絡め
地に満ちる星を眺めていたい。

そして初めての「くりすます」の時を、
二人で胸に刻もう。

愛しい者と過ごす、
かけがえのない時間を――。
関連記事
sidetitlesidetitle

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。