国宝展と上野の紅葉

小雨の木曜日、東京国立博物館の国宝展に行ってきました。

平成館入り口には行列ができていましたが、20分待ち程度で意外とスムーズに入館。
展示は……とにかく圧巻の一言です。会場に入ってすぐ、玉虫の厨子がそびえていて、想像していたよりもずっと大きくて精緻で、周囲を何周もぐるぐると…(笑)。仁和寺所蔵の孔雀明王の絵も、とても大きいものでした。色は褪せているのですが、明王の質感と、ファサッと音がしそうな孔雀の羽の軽やかさが同時に存在していて迫力に気圧されました。
そんなこんなで、全身にパンチをくらったような気分で会場を出たら、雨が小やみになっていたので、無料開放中の庭園へ。屋台でコーヒーを買って、池の畔で全力でほげ~っとしました。写真はその時のものです。

東博紅葉


上野のお山は桜で有名ですが、秋の紅葉もすてきで、イチョウの大木も多いので鮮やかな黄葉が目を引きます。特に、文化会館後ろの並木はいい雰囲気。
ついでに、上野の美術館・博物館に行く時のおすすめを2つ。当日券の入手は、駅ナカ公園口近くのチケット売り場、または西洋美術館隣のインフォメーションが便利。国立博物館の行列に備えてのお手洗いは、平成館に行く途中の資料館が空いています。

拍手、ありがとうございました!!
お正月企画、かなりピンチですけれど、ぎりぎりまでがんばってみます。今回は初夢、初日の出でいこうかと思っていて、ネタもシチュもまだまだヘルプミーです(汗)。
関連記事
sidetitlesidetitle

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle