八葉抄PSP プレイメモ(1)

プレイメモのカテゴリを作りました。PSP「八葉抄」の備忘録として、思いつくままに書きます。

さて、先日から始めたPSP版「八葉抄」ですが、立ち絵はソーシャルと共通、セーブ周りはPS2版と同じでありました。ベタ移植でもよいのだけれど、せめてクイックセーブ・ロード機能を追加してほしかったなぁ。

物語の流れは、私の記憶力の弱さも幸いして、とても楽しいです。応援してもモチベの上がらない玄武組と、「頑張って」でぐぅーんとゲージの上がる素直な朱雀組の対比っぷりがなつかしい。頼久さんに、「この程度で苦戦するとは先行きが不安…云々」と辛口のコメントをもらうのも新鮮です。

まずは土地の力よりも術とアイテム集めに奔走中なので、お館様からはお呼びがかかりません。

カウンセリングはまだまだこれから。以前にプレイした時には、過去の痛みを引きずり続けるデリケートなイケメンたちだなぁと、ぼんやり思ったりもしていたのですが、「過去」じゃないのですよね。心のかけらという形で一度失ってしまうのですから、それらを再び得たなら、それは過去ではなく今この時の痛みになるのかと、やっとこさ納得。つまり自分は物語を全然把握してなかった……。ううう………。

まーそんなこんなで落ち込んだりもするけれど、元気にプレイしてます。神子の名前はデフォの元宮あかね。今は第四章中日過ぎたところ。第二章で玄武を選んで時計回りに進めているので、朱雀組の話です。
仲間への信頼度を見たら、青龍がどちらも友雅さんへの信頼が低くて、ちょっと笑ってしまいました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitlesidetitle

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle