感想お礼

泰明×あかね長編「花の還る場所」の感想アンケートに、たくさんの回答を頂きました。
連載終了間もない時期にこんなに多くの感想を頂き、感激しています!! ううう…がんばってよかった~~~~(感涙)。回答をお送り下さった皆様、本当にありがとうございました!!

なお、「少しでも面白いと思った方」に、ご協力をお願いしていますので、冷やかしはご遠慮下さいな。R15にがっかりしても、責任は負えません。

以下、コメントを書いて下さった方々へのお返事です。お名前はイニシャル表記、並びは送信順です。
K様
労いのお言葉、ありがとうございます。京職の男、御霊、亀裂等、その通りです。単に自分の中で納得するかどうかなのですが、これで自分としては「2」への道が開けました。妄想が幾つかもやもやとしていますが、まだどうなるか…。いずれ形にできるといいなと思っていますので、その折にはどうぞまたご来訪下さい。

T様
楽しみにして下さっていたとのこと、ありがとうございます! やっと終わりの風景にたどり着けました。幸せな気分に浸って頂けたなら、書き手としてこれ以上嬉しいことはありません。がんばった甲斐があるというものです! 相変わらずのマイペースですが、泰あかはこれからも書いていきますので、どうかまたご来訪下さい。

M様
ねぎらいのお言葉ありがとうございます。私も「遙か」と名のつくゲームは、移植を除き、端からやりまくっております。「舞一夜」は「3」と同系統のシステムで、キャラごとのルート→個別EDがよかったですね。実は、「舞一夜」の某スチルを脳内に思い浮かべながら、神泉苑で泰明さんが倒れている場面を書いていました。これからも泰明さんのお話はぽつぽつと書き続けていきますので、どうぞまたご来訪下さい。

R様
労いのお言葉と長文の感想(全文、送信されております)、ありがとうございます。嬉しく読ませて頂きました。で、お返事もちょっと長文に…(汗)。
浅茅と晴咒について例に挙げて下さった場面は、どちらもすごく力を入れた所でしたので、言及して頂き、とても嬉しく思っています。
そして、あかねちゃんの決断についても触れて下さったので、これ幸いと(汗)少し語らせて頂きます。龍神を呼ばなければ、京は滅びる。呼べば自分が消える…なんて、龍神様も、異世界から来た女子高生にずいぶん難しいというより、苛酷な決断を迫るものです。その土壇場にあって、「龍神を呼んで京を救う」という決断を、「正しい」と信じて身を捧げるのは、まさにヒロイズムの典型ですね。けれどそのような心情の持ち主としてあかねちゃんを描くのは、(その方向で一度は書いてみたのですけれど)、私には無理でした。それよりも、絶対的な自信などない中でも、自分の決断から逃げないことと、自らの心情を振り返って、「勝手な決断」と考えられる柔らかな感覚の持ち主であることの方が、「神子」としての在り方に近いのではないかな、と。拙作リズ望長編でも、望美ちゃんが決断を迫られる場面を書きましたが、同様にこの点にはこだわりました。
そして、後先考えない泰明さん(笑)。仰る通り、1~3の地玄武にとって、神子は女性の全ての要素を一身に体現したもの。特に泰明さんにとっては、たった2年とちょっとの人生経験ですから、神子のことになると、とたんに…ですね。あかねちゃんを失うことは、二歳児が母親から引き剥がされるのと似ていると思います。想像しただけで、泰明さん好きとしては心が痛い…。
これでやっと、現代の二人も書けるようになりましたので、ぽつりぽつりと更新していきたいと思っています。どうぞまたご来訪下さい。

S様
「雪逢瀬」の時から浅茅くんを応援してくれてありがとうございました。オリキャラにエールをもらえて、すごく心強かったです。神子だけにデレなカッコいい泰明さんは、私も本当にツボで(笑)。長編は終わりましたけれど、泰明さん燃え萌えは止まりそうもなく、また妄想を書き連ねると思いますので、どうぞまたご来訪下さい。

H様
コメントありがとうございました。楽しんで頂けましたなら、何よりです! 最後までおつきあい頂き、とても嬉しく思います。相変わらずマイペースではありますが、これからもぽつぽつと書き続けていきますので、どうぞまたご来訪下さい。
関連記事

テーマ : 遙かなる時空の中で
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitlesidetitle

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle