眉間に縦皺といえば、ニジ○スキ○@「イブの息子たち」でしたが

あとがきにも前回の日記にも書きそびれてしまったので、ちょっと泰衡のことを…。
「凍月」や「比翼」での描き方でモロ分かりと思いますが、泰衡は管理人的にかなり思い入れのあるキャラです。で、この「思い入れ」というところが曲者で…。
「比翼」では彼の内面まで描きこんでいるのですが、「十六夜記」の平泉にしか出てこない人ですから、そこでの「悪役的」行動と僅かに垣間見せる本心から、妄想(苦笑)をたくましくして書くしかありません。キャラの捉え方は人それぞれですけれど、思い入れのあまり大きくブレていませんようにと、
祈るような気持ちです。キャラ把握の根拠にしているのはゲーム本編なのに、愛蔵版をプレイしていないし…。
とにかく、せめて二次の中では彼に生を全うしてほしいです。全部背負って汚れ役を引き受けて、何も語らず逝ってしまう最期はやりきれませんでしたので。

話変わって、直木賞の発表にきゃいきゃい♪しています。
北村氏の作品は、「私」と円紫師匠、覆面作家なお嬢様、かんなぎ(←巫の異体字みたいなのですが、変換できませんでした…)「名探偵」のシリーズくらいしか読んでいませんけれど、特に「私」というヒロインが大好きなんです。「夏の空」でも、ヒノエくんのお勧め本(笑)としてちょこっと紹介してしまったくらい。

ん? 前回の日記で予告した内容と違うかも…と今になって気づきました。
管理人の脳みそは更新停止状態……って、冗談ではすませられなくなってきた今日この頃(滝汗)。

拍手、ありがとうございました!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitlesidetitle

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle