「君がため…5」終了

関東地方の寒さは底を過ぎ、晴天に恵まれた昨日、「君がため…5」に行ってきました。
参加された皆様、お疲れ様でした。そして拙スペースを訪れて下さった皆様、ありがとうございました。

家を出るのが少し遅くなったので、速さ優先でいつもは使わない路線に乗りました。即、後悔。エレベーターもエスカレーターも無い(…というか、あるかもしれないけれど探している時間がない)ので、既刊本が増えてすっごく重くなったカートをひっつかんで階段を駆け上がり駆け下りる連続。スリリングな乗り継ぎ時間でありました。会場に着いたときには、腰痛が…げほげほげほ…わしはおばあさんか。ならば90歳ってことでどうぢゃ。
でもいいことが一つ。
建設途中のスカイツリーを真下から見ました。現在の高さは303mだそうです。東京タワーに追いつき追い越すのはもうすぐですね。

初めての路線ですから、当然のように、下りたことのない改札口へ。ここで方向音痴が炸裂。隅田川を見て、電車の進行方向を確認して、階段を下りるときもそれを一生懸命記憶していたはずなのに、知らない建物が(だから当たり前だ)ちゅどんちゅどんと建っているのを目にしたとたん、あれ?…ここはどこわたしはだれ??? 遠くに聞こえるガラガラガラガラの音を頼りに進みましたよ。神子様達の引くカートの音が、天国の楽の音のようでした。

というわけで、10時少し過ぎに無事、都産貿に到着。同じ会場でテイルズのオンリーと重なり、入場がどうなるかどきどきでしたが、会場の外と、エレベーターホールでの誘導の方々がしっかりしていて、するっとスムーズに入れて安堵。パンフ販売と年齢確認を分けたのもよかったのかもです。今回は年齢制限の本を買う予定がないので、しゃかしゃか入場しました。
スペースを設営している時にスタッフの方が来て、新刊チェック&Q:「年齢制限本はありますか?」A:「ありません」――いつも思うのですが、小説本はパラ見で分かるのかなあ。でも、件の描写部分は3点リーダーとか改行とか多くなるから、視覚的に目立つのかしら。

うちのスペースは非っっっ常にシンプルな設営なので、すぐに終了。新刊シールをぺたぺた貼ったり、お隣や知り合いサークル様にご挨拶したりしているうちに、時間通り開場。拍手~~~~~!!

その後は予想通り…………すっ…っ…っ…ごく!ヒマでした。とはいえ、ヒマな時間がいつもより長いような? チラっとも見られていないのは、気のせいじゃないよね?? もしかして、初の――そして誰も来なかった――???(冷汗) 
杞憂に終わってよかったです。来て下さった皆様に、深々と最敬礼です。差し入れもごちそうさまでした! おいしく頂いております!!
なのに、ご案内に書いたような失態を!! テンパっていたとはいえ、自分のアホぶりが腹立たしいです。

でも、オフに参加する楽しみは本を売るだけではないのです~。リアルタイムで直接泰明さん・リズ先生好きの方々とお話できるのは、とても楽しく貴重なひとときです。私は公式イベントに行かない(というか行けない)のですが、それだけに興味津々。お話しした方の中には先日の十年祭に行った方が多く、それぞれの好きキャラ視点でステージの感想を聞かせて下さいました。ステージは神子様達の想いの籠もった視線の集中砲火なのですね。一度だけでも、行ってみたいものです。雪の京都の動画も見せていただき…ぐああああっ(←吼えています)。

そんなこんなで、楽しい時間はあっという間に過ぎ……そういえば、前回の「君がため…4」の帰りは驟雨に見舞われたんだっけ…などと思いつつ撤収。やはりあっという間。残部は宅配便で送るので、帰りのカートは軽々です。頂いた差し入れを喜々としてしまいこみ、この日記を書きながら、早速頂いています♪ ありがとうございました!!

次は10月のネオロマオンリーかなあ…。「比翼」のリライト、構想が形を取ってきましたので、何とかできそうな気がしています。出られるようにがんばらなくては!!ですね。

なお、今回の新刊「幸せのおまじない」は、ガタケットSHOP様の店頭に昨日付で出ていますので、通販の方も間もなく取り扱いが始まると思います。

なんだか長くなってしまいましたので、以上で終わります。で、関係ないけど、今日の22時22分はしっかり起きているぞ!

拍手とメッセージ、ありがとうございました!!
関連記事

テーマ : 遙かなる時空の中で
ジャンル : ゲーム

sidetitlesidetitle

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle