湘南モノレールと江ノ電

乗ってきました。
湘南モノレールに乗ったのはサイト開設の年以来なので10年ぶりです。前回は江ノ島から大船というルートだったので、今度の出発は大船から。

湘南モノレールは懸垂式。モノレール界では少数派です。少し前に所用で乗った千葉都市モノレールも懸垂式で、その時から、湘南モノレールにまた乗りたいという気持ちが(笑)。

モノレール接近

大船駅に近づくにつれ、振動がここまで伝わってきます。
駅に到着。観光客は少なめ。

湘南モノレール

以下、長くなるのでたたみます。

続きを読む

遙かカフェとリンクのこと

リンクのページから、リンク切れのサイト様を外しました。お世話になったところばかりなので忍びなく、一年以上様子見をしていたのですが復活する様子はなく…(涙)。これまでありがとうございました。

そして、先週の土曜日に、遙かカフェに行ってきました。
長くなるのでたたみます。【続きを読む】からどうぞ。

拍手、ありがとうございました!!

続きを読む

ネオロマ・コンサートからもう1週間

先週23日(土)、横浜の神奈川県民ホールで開催の「ネオロマンス 20th アニバーサリーコンサート」に遠征してきました。

久々の横浜、久々の遠出なので、プチ旅気分も味わおうと少し早く家を出発。赤レンガ倉庫から山下公園まで、海とブンカ(←日頃は無縁)の香りを深く吸い込みながらのんびり歩きました。

長くなるのでたたみます。

続きを読む

彼岸過ぎまでには書けなかった

久しぶりなのに、とりとめないことばかりですみません。

◆先週の「相棒」最終回の脱力感がまだ抜けてません。御手洗潔の唖然からやっと抜け出せたところだったのに。でも「ちはやふる」の再放送を楽しく見ているからいいや。

◆「みちのくの仏像」展を見て、祈ることの豊かさに揺さぶられました。

◆いよいよ来月は「銀魂」に「昭和元禄落語心中」「血界戦線」オンエア。中の人的にも楽しみです。深夜枠は忘れやすいので録画かな。

◆連載のアップですが、今週末までにできないようなら、いさぎよく4月1日企画の更新作業に切り替えます。

拍手、ありがとうございました!!

なぜかTV三昧

御手洗潔が初の映像化というので、希望と危惧でどきどきしながら放送を待機中。私は、ミタライアン4、カズミスト6なのだけれど、すっげーイケメンの石岡和己のキャスティングに、うむむ……です。泣けてくるほど純粋でやさしくて不器用な石岡和己とは、また別のキャラになるのでしょうね。TVは目に美しいものが映ってナンボのものだし。

昨日、六角×水谷のラジオを聞きそびれて、今日こそは番組を見逃さないぞ!と鼻息荒くビデオの予約をセットしたのだけれど、京都御所と、御手洗と時間のかぶっているスイッチインタビュー、うまく録れますように。

拍手とメッセージ、ありがとうございました!!
また来てね!!

リズ先生ハピバ!!

先生、お誕生日おめでとうございます!! 30年も待ったんですもの。望美ちゃんと、う~~~んと幸せになってね!!!
そういえば、リズ先生が望美ちゃんと再会するまでが30年。泰明さんがあかねちゃんと出会うのは生まれてから2年。泰継さんが花梨ちゃんと会うまで90年………。なんつうか、設定も神子との出会いも、地の玄武は平坦ではないですな。

リズ先生の誕生日というめでたい今日、相互リンク先の「月下の紫陽花」主宰・水月様と、久々のオフ会をしてきました。オフでお話するようになってから、早いものでそろそろ9年。社会も自分を取り巻く環境もずいぶん変わりましたが、もっと「遙か」世界の妄想を書きたい、という飢餓感に似た気持ちは変わらず。これを煩悩と言うのかもしれません。水月様、サイトに来訪下さる皆様には、長の年月のおつきあいにひたすら感謝です。

本当のことが言えない

先日、ヒノエくんの地元観光協会の観光キャンペーンに行ってきました!! 第4章は何度も周回したけれど、現実世界ではまだ見ぬあこがれの聖地です♪ で、行ってみたら件名のようなことに……。ちょっと長いのでたたみます。

拍手とメッセージ、ありがとうございました!!
早速読んでくれてありがとう!!
また来てね!!

続きを読む

公共放送は手塚&石ノ森先生三昧

BSの「マグマ大使」からスタートね♪ あ、もうじき始まる!

この二大巨匠と言えば、東京都現代美術館で開催中の「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」【http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/145/】右上の画像、横顔のサイボーグ戦士の中にアトムがいるのが可愛いです♪ 
音声ガイドは「アトム」と「009」が担当するそうです。ジョーの中の人が誰なのか、ものすごく!!!!!!!気になります。

それにしても、美術館でマンガ作品の展覧会が開催されることが、トクベツなものじゃなくなったのは、いつ頃からでしょう。
けれど、[前提:この作品は「単なる」マンガじゃない、アニメじゃない、SFじゃない……etc.][結論:だから、この作品は優れている。]なんていう、わけわかめな「ほめ言葉」は、まだ生き残っているような気が……。

拍手とメッセージ、ありがとうございました!!
早速読んでくれてありがとう!!
楽しんでもらえてうれしい!!
また来てね!!
sidetitlesidetitle

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleプロフィールsidetitle

真宮四季

Author:真宮四季

sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle